病気にならないための、毎日を応援します。保険会社のお客様との新しい向き合い方。

 加入者がより健康になることをサポートするウェルネスプログラムを組み込んだ健康増進型保険商品「Vitality」の発売を来年に控えた住友生命保険相互会社では、健康増進を目的とした様々なプロジェクトに取り組んでいます。
「住友生命保険相互会社は、今年度で創業110周年を迎えました。おかげさまで、佐賀支社も、地域の皆様に支えられて、今年で創立70周年を迎えることができました。区切りの年に何かできないかと、『健康増進』をサポートするイベントに参加したり、講演会を開催しております。」(佐賀支社支社長 川本賢哉さん)。
 保険会社といえば、病気になってから給付金をもらう、といった商品が主流でしたが、平均寿命が男女ともに80歳を超えている今の時代には、健康的に日常生活を送れるようなサポートをしていくのも保険会社の一つの役割といえるでしょう。だからこそ、会社ぐるみで健康寿命を長くするための意識啓発を行っています。地元佐賀では、「リレーフォーライフ」に参加、癌を克服したタレントの小西博之さんの講演会も開催しました。
 お話をしていただいた、川本支社長、上野営業部長は、「佐賀で一番健康を考えている会社です。お客様の健康的な生活を応援しています。」と、お二人も率先して、日頃から健康を意識してウォーキングを続けているとか。

定期的ながん検診や健康診断を受診して、健康寿命を延ばし、活き活きとした毎日を送っていただきたいです。

[左]住友生命保険相互会社佐賀支社 支社長 川本賢哉さん
[右]住友生命保険相互会社佐賀支社 唐津営業部営業部長 上野 徹さん

 

住友生命保険相互会社佐賀支社
佐賀県佐賀市駅南本町5-1 7F TEL0952-24-2373

関連記事

  1. 地域に根差した医療・介護でトータルケアを目指す 医療法人森山胃腸科