これまでの悩みが一挙に解決。断熱、気密性、エネルギーの自給自足で快適な家づくりを実現。

 アパート暮らしだった頃は、「結露に悩まされ、暗くて狭かった」という奥様。現在のお住まいは、リビングには明るい光が差し込みます。かつて、日課だった窓辺の結露拭きも不要です。想いがカタチになった家の実現には、家づくりに寄り添う担当者の存在も欠かせません。

家づくりの前に、重要視したのは、「担当さんとの信頼関係」

 これまでは、アパート暮らしだったTさんご夫妻。「アパートはとにかく結露がひどくて…。妻は、毎朝家じゅうの結露を拭いていました」とご主人様。新居を建てたいと思っていた奥様の願いがご主人様に届き、マイホーム計画がスタート。住宅展示場を見学し、様々な情報を得る中、ご夫妻が念頭に置いたことは、「信頼関係を築ける営業さんとの出会い」と「しっかりとしたアフターフォロー体制」でした。「セキスイハイムさんの展示場を見に行って、担当の方と出会った時、感じがいいなと思いました。こちらが色々と質問したことで、分からないことがあると、ちゃんと先輩や上司の方に聞いて、誠意をもって素早く対応してもらいました」。セキスイハイムの家にお住まいの入居者邸見学会には奥様のご両親が参加。お父様からの「この会社ならいいよ」と心強い後押しもあり、セキスイハイムでの家づくりが始まりました。

家族のコミュニケーションを一番にと…。リビング内階段をセレクト

 リビングから2階へと続くリビング内階段を採用されました。「家族と必ず顔を合わせる間取りを考えて、リビング階段にしました」と奥様。明るい光が差し込むリビングの象徴的なアクセントにもなっています。間取りについては、奥様が担当し決まっていきました。そんな中、ご主人様がどうしても!と奥様を説得して導入したのが、120インチの大画面プロジェクターでした。映画鑑賞が好きなご主人様のオフの楽しみを、家族が集うリビングに設置。明るい家にもこだわり、電気をつけなくてもいいくらい自然光が入るよう工夫しました。

リビング階段で、いつも顔を合わせられる「安心」。家族の絆が強まります。
120インチのプロジェクターは、音響装置も本格的。ご家族の休日の楽しみになっているとか。

快適エアリーで、結露とサヨウナラ。もしもの時も安心。太陽光発電と蓄電池で光熱費もゼロに!

 アパート時代の問題「結露」は、この家づくりが解決してくれました。豪雪地方で採用されるクラスのペアガラスを取り入れ、「快適エアリー」を導入したことで、一年じゅう快適な空気の調整が可能になりました。家の中ではいつもきれいな空気が回り、冬はあったか。「家の中が快適過ぎて、外に出て初めて今日はこんなに寒かったんだ」と感じる事も。これまで、洗濯物は太陽の下で干す派だった奥様ですが、ある日洗濯物に外の砂ぼこりがついていたのを機に、部屋干し派に転向したそうです。「快適エアリー」のおかげで部屋干しのにおいも無く、夜干したものでも朝になると乾いているとか。
 光熱費も大幅に変化しました。太陽光発電と、更には蓄電池を設置した成果は、光熱費ゼロどころか、電気代だけを見ると、年間の収支が3万円程度のプラスに。また、蓄電池はもしもの時にも安心。停電の時、「周りの家は真っ暗なのに、我が家だけ電気がついていたんだよね」とご主人様。

「新居に越して、早4年。私たち家族は、とても満足しています。担当の方とも今だにお付き合いさせていただいています。建ててからがスタートです。家と同様、末永くお付き合いください。」

吹き抜けのおどりば
お客様を玄関口から直接案内できる和室を設けています。急な来客時にも安心です。
タイル外壁を採用。メンテナンスフリーでいつまでも新築時の美しさをキープ。
外観
ひろびろ子ども部屋
明るい主寝室
蓄電池

Tさん邸
[家族]ご夫婦、お子様 5人家族 [間取り]4LDK
[延べ床面積]115.34㎡(34.89坪) 1F/58.83㎡ 2F/56.51㎡
[竣工年月]2013年12月
[主な設備仕様]太陽光発電5.14kW+蓄電池、快適エアリー(熱交換型第一種換気システム)


関連記事

  1. Essay2 水辺の少年に帰ろう – ミサゴ、襲来。

  2. つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part5&6

  3. つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part3&4

  4. 地域に支えられて、これまでも、これからもみなさまの暮らしに 寄り添っていける企業でありたい。

  5. レンズを通して町や活動を記録。町を元気にすることで、自身も元気に!

  6. 様々なシーンで 笑顔の花が開く春は すぐそこに。