つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part3&4


03 循誘校区・循誘まちづくり協議会

平川哲男さん
伊勢こずえさん
黒木照雄さん

平成28年5月に設立。「心ゆたかなまちじゅんゆう」を目標に掲げて活動しています。佐賀市の中心部に位置し、牛島天満宮、願正寺、旧古賀銀行など、歴史的建造物も数多く残っています。世代を越えて気軽に集えるよう毎月10日に「カレーの日」を開催し、地域住民の交流の場をつくっています。
[お問合せ]
佐賀市立循誘公民館 TEL:0952-23-3759

かつて賑わった町人まちに、再び人が集まる『カレーの日』を開催

■今年最初のカレーの日

 校区内には旧長崎街道が東西に走り、佐賀城下ひなまつりの会場にもなっている柳町界隈には、神社・仏閣や歴史ある建造物が軒を連ねています。
 地域の連帯力を高めるために、世代を越えて、誰もが気軽に集える場づくりが必要と考え、毎月10日の「カレーの日」が始まりました。平成28年のまちづくり協議会(以下「まち協」)発足後は、まち協を中心に各種団体と連携しながら、台風などの悪天候の日以外は、休むことなく続いています。今では、「カレーの日が楽しみ」と毎月10日を心待ちにする住民もいて、地域がひとつになる源になっています。
 まち協は、地域活性化部会、環境・防災・防犯部会、子どもへのまなざし部会、健康づくり・福祉部会の4つの部会で構成され、ゆたかで住みやすいまちづくりを目指して様々な活動に取り組んでいます。昔ながらの町並みが残るため、道路幅が狭く、空き家も増えていることから、防犯・防災意識を高く持ち、有事に備えて防災マップをつくるなど「地域のことは自分たちで」の精神で、まち協の活動が広がっていくことを目指しています。


04 春日校区・春日まちづくり協議会

平成27年2月に設立。「人の和、地域の輪があり、楽しくいきいきと生活できるまち」を目標に、4部会を中心として、まち協が一丸となって様々な企画を立てています。地区の念願だった「春日浮立」を復活させ、子どもたちへ継承していきたいまちの宝が、地域の絆をより深めています。
[お問合せ]
佐賀市立春日公民館 TEL:0952-62-3151

春日浮立の復活がまちをひとつに。大人から子どもへと繋いでいく宝に

 春日校区は、佐賀の玄関口である佐賀大和ICや市の中心街につながる263号線バイパスがある交通の要衝の地です。中心市街地の郊外の住宅地として発展してきましたが、肥前国府に関連する国分寺・国分尼寺・印鑰神社や成富兵庫茂安が創った石井樋など歴史的要素を多く残すまちです。

[左から]野口好孝さん・中村晴美さん・深川優さん・永石昭生さん・深川久美子さん

 平成27年2月にまちづくり協議会が発足し、その座談会や準備委員会で多くの住民から「浮立」の復活を願う声が上がり、まち協が中心となって浮立の復活に取り組みました。浮立の用具(鉦・太鼓・小太鼓)は、尼寺地区で使われていた用具を使用し、衣装は新しく作り、57年ぶりに春日浮立として復活しました。春日校区の各地域で浮立をお披露目できた時には、見物に来られた人の中に感涙しながら喜んでいた人もおられました。大人も子どもも、一緒になって活動できる浮立を復活できたことはよかったと思っています。
 今後は「春日浮立」と「春日の郷ふれあい祭り」を中心に、地域のつながりを大切にしながら、一緒に活動していく仲間をどんどん増やしていきたいと思っています。
 


校区のまちづくり協議会はいつでもメンバー募集中!!

自分が住む地域のお手伝いがしたい、仲間づくりがしたい方、お気軽にお住いの公民館にお問合せください。新しい出会いとワクワクが待っていますよ。
■お問合せ/佐賀市役所市民生活部協働推進課 TEL:0952-40-7039

関連記事

  1. 三位一体の造園プロ集団 久保造園

  2. Essay1 水辺の少年に帰ろう – カワセミの街、佐賀。

  3. つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part7

  4. Essay2 水辺の少年に帰ろう – ミサゴ、襲来。

  5. 「家計の棚卸し」知っていますか?

  6. レンズを通して町や活動を記録。町を元気にすることで、自身も元気に!