地域に根差した医療・介護でトータルケアを目指す 医療法人森山胃腸科

諸富の地で70年。「地元に恩返しを…」。地域に根差した医療・介護でトータルケアを目指す

 徐福伝説の地・諸富町で昭和22年開院以来、永年地域に根ざした診療を行っている中で、担うべき課題が見えてきました。それは、高齢化社会の中で生きていく人々の不安でした。「病と向き合いながらも自分らしく生きていきたい」と願う人々の声…。健やかで不安の少ない生活を送ってもらうことの重要性に着目し、その人その人に合った暮らし方ができるようにと、介護老人保健施設「徐福の里」、グループホーム「ふろふき」「ふろふき2号館」、有料老人ホーム・小規模多機能施設「びゃくしん」をオープンさせました。

健康医療相談の窓口として地域の「かかりつけ医」の役割を担う

 いつまでも健やかに生活するには、自身の体調管理も欠かせません。森山胃腸科は、気になる時に相談できる「かかりつけ医」としての役割を担っています。高齢化社会を支える立役者としてかかりつけ医の存在は、利用者様にとっては心強いものです。それは、長年地域で医療に貢献してきた病院だからこそできることでしょう。
 今や、日本人の死因の上位を占める消化器系の癌は、早期発見と適切な治療で根治を期待できる癌になってきました。そのためには、定期的な検査が必要となります。森山胃腸科では、最新の内視鏡システムを使った検査が可能なので、一度自身の健康を総チェックされてはいかがでしょうか?
 また、院内には、利用者様の声を元に設置した「機能回復訓練室」があります。高齢、事故や病気など、リハビリを必要とする背景は様々です。また動けるようになりたい、と目標を掲げてリハビリに取り組む利用者様へ、理学療法士や作業療法士などの専門家が手厚くサポートいたします。

その人に合った、健やかな毎日を応援したい

 森山胃腸科では、様々なケースの利用者様を対象にした施設を整えている中、力を注いでいるのは、「在宅復帰支援」サービスです。「できることを目標に掲げる。努力したらできること」が大切です。一人一人の可能性を最大限に引き出すようなケアプランを作成し、「目標」を達成したら在宅に戻り、元気になって社会復帰をしてもらうのが一番の目的です。生き生きと自立した生活を送ることは、利用者の自信もつながり、大きな喜びにもなります。「自宅に帰りたい」という希望を現実のものにするために支援しています。利用者の状況に合わせて看護・介護・リハビリなど充実させた多職種連携のもとサポートさせて頂いています。施設のタイプが揃っているから、利用者の状況に合わせられるのも特長です。

受付ロビー
徐福の里
グループホームふろふき2号館

地域の医療と介護をサポートします
医療法人 森山胃腸科
佐賀市諸富町大字大堂937-1
TEL:0952-47-2425(クリニック)
TEL:0952-34-8880(徐福の里) 
診療時間/9:00~12:00、13:00~17:00 土曜は9:00~12:00
休診/日曜・祝日


介護老人保健施設 徐福の里
グループホームふろふき/有料老人ホームびゃくしん


[消化器検査項目]
・上部内視鏡検査(胃カメラ)経鼻内視鏡、眠り薬の使用も可
・下部内視鏡検査(大腸カメラ)・超音波検査(エコー)
・胃X線検査・ピロリ菌検査


関連記事

  1. つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part7

  2. つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part5&6

  3. 第3回お肉deさがん酒フェス開催!

  4. 病気にならないための、毎日を応援します。保険会社のお客様との新しい向き合い方。

  5. 家族の絆がより強くなる場所 新しい家族の拠り所 さくら墓苑

  6. Essay1 水辺の少年に帰ろう – カワセミの街、佐賀。