24時間スタッフ常駐の サービス付き高齢者向け住宅

高齢化社会で提供されている高齢者向けサービスは多種多様な選択肢があります。佐賀では、まだ施設数が少ないサービス付き高齢者向け住宅について、佐賀市川副町にあるレインボー富士川副の事務長 古賀健士さんにお話をお伺いしました。

サービス付き高齢者向け住宅とは?

 ご家族が遠方にお住まいで、独りで暮らす親御さんの食事や健康面を心配されて,ご相談に見えるケースも増えています。「サービス付き高齢者向け住宅」は,歳以上の方でしたら,どなたでも入居でき,居室を賃貸し,自由とプライバシーを確保しながら,介護・医療と連携した高齢者を支援するサービスを提供するバリアフリー構造の住宅のことです。居室の広さや設備,バリアフリーといった居住空間と,ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスを兼ね備え,高齢者が安心して暮らすことができる環境を整えています。介護の要不要に関係なくご自身の生活に不安を抱えていらっしゃる方の受け皿となっております。
眺望を楽しめる明るいフロアー清潔な個室

のどかな田園風景に囲まれ、空港にも近い好アクセス。

 2014年12月にオープンした「レインボー富士川副」は、佐賀平野の田園風景が広がる静かな環境にあり、4階にある展望フロアには広いデッキがあり、のんびりと景色を眺めることができます。遠方に住むご家族にとっては、空港が近いことも魅力の一つです。入居者の方の中には元気に仕事や友人との集まりに出かけたりと、充実の時間を過ごしている方も。認知症の方や介護度が高い方の入居ももちろん対応しています。居室にはナースコールが設置されており、 時間ヘルパーが常駐している環境で、安心して過ごせます。また、近隣の協力医療機関と連携して緊急時にも備えています。グループにはデイサービス、居宅介護支援の「レインボー川副」とデイサービス、住宅型有料老人ホーム「希望川副」もあり、ご希望に合わせたサービスを選択することができます。お気軽にご相談下さい。展望室から望む佐賀の風景

いつまでも生き生きと過ごせる居住環境を

 介護事業に携わって常々感じているのは、昔ながらの介護環境にとらわれず、高齢者の方が人生を全うするまで生き生きと過ごせるような仕組みがつくれたら、ということです。起きて、ご飯を食べて、入浴して、寝る、を繰り返し、ただ時間が過ぎるのを待つのではなく、高齢者の方のこれまでの経験を活かして仕事につなげたり、社会と結び付けたり、何か役割を見つけてあげたいと思っています。広々とした開放的なフロアー


(サービス付き高齢者向け住宅)
レインボー富士川副
佐賀市川副町鹿江961-0
TEL:0952-37-5308


●開設年月/2014年12月●施設類型/サービス付高齢者向け住宅●交通/佐賀市営バス佐賀空港線咾分バス停より徒歩1分●土地・建物の権利形態/所有●居住の権利形態/賃貸借契約●利用料の支払い方法/月払い●事業主体運営管理会社/有限会社メディカル産交(大川市大字津425-3☎0944-88-0225)構造・規模/鉄骨造4階建て●介護に関わる職員体制/昼間2名・夜間1〜2名、24時間常駐●居室数/36室●居室タイプ/1R18.14㎡●入居時にかかる費用/不要



関連記事

  1. これまでの悩みが一挙に解決。断熱、気密性、エネルギーの自給自足で快適な家づくりを実現。

  2. 穴開きフィルムで農業の未来を拓く ホーサクシード

  3. アクティブな家族に世代は関係なし!理想の生活がここにはあります。

  4. 「快適エアリー」「太陽光発電」で1年中快適な暮らし! 新しいライフスタイルがここにあります!

  5. 地域に支えられて、これまでも、これからもみなさまの暮らしに 寄り添っていける企業でありたい。