つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part8

《左から内田昭男さん、小野寺連治さん、副島利孝さん、杠望さん、古賀初次さん》


08 南川副校区・南川副まちづくり協議会

 平成26年、生活環境部会、健康・福祉部会、子ども育成部会、地域活性化部会の4つの部会を設けて発足。校区内の団体や自治会単位で活動してきたことを、「地域住民が主役のまちづくり」を念頭に、住民や学校、公民館などが連携をとりながら、協議会メンバーを中心に地域の課題解決に向けて取り組んでいます。

[お問合せ]
佐賀市南川副公民館
TEL0952-45-8919

自然と向き合い干拓の地に生きた先人の教えを胸に。防災・支えあう意識が高いまち。


■写真は海童神社奉納浮立  

南川副校区は全域が干拓地で、起伏がほとんどなく、海面よりも低い地形を持つために、自然災害に幾度も見舞われてきました。そのたびに住民が一丸となって地区を守ってきた歴史が、今の共生の精神に繋がっています。有事に対する危機意識が高く、住民の結束が固いのも南川副校区の地域性といえるでしょう。まちづくりを考えた時、「人」の力は不可欠です。しかし、南川副校区でも人口減少が確実に進んでいます。そんな中、若年層と高齢者層がふれあう場をつくり、故郷の歴史を伝え、郷土を愛することのできる子どもたちの育成に力を入れています。代表的な事例として、地域活性部会では、地区の海童神社に奉納する伝統行事「浮立」に、大人だけではなく、子どもたちも一翼を担うようにしたことで、しっかりと伝統が継承されるようになりました。10月の例祭では、子どもたちも立派な奉納舞を披露できるようになりました。練習や準備で世代間の交流が生まれ、活気ある地域活動が実現しています。また、海のそばで暮らす平野部の南川副と、山で暮らす三瀬との地域交流を通して、海と山、お互いの苦労と魅力を分かち合い、理解を深める活動も行われています。
 


校区のまちづくり協議会はいつでもメンバー募集中!!

自分が住む地域のお手伝いがしたい、仲間づくりがしたい方、お気軽にお住いの公民館にお問合せください。新しい出会いとワクワクが待っていますよ。
■お問合せ/佐賀市役所地域振興部協働推進課 TEL:0952-40-7039
地域イベント情報はこちらへ! http://www.tsunasaga.jp/

関連記事

  1. 働きたい55歳以上の方へ朗報!

  2. Essay8 水辺の少年に帰ろう – 真夏の不思議なトンボ。

  3. つながる佐賀市×まちづくり協議会訪問記 Part7

  4. 街に彩を添えるテント 川代テント工業

  5. 地域に根差した医療・介護でトータルケアを目指す 医療法人森山胃腸科

  6. Essay3 水辺の少年に帰ろう – 殿様トンボ、ウチワヤンマ。