「陸上」を通じて見つけた生きがい        引退知らずのイキイキ人生を!

小学生と一緒に陸上練習
実践型指導で自身の体力づくりも

「はい、並べ!」とグラウンドに声が響きます。
有明西小学校で行われている陸上クラブの練習風景です。
町内の小学生を対象に10年以上も陸上指導を行っている山田清美さんは、
会社勤務のかたわら、指導、そしてご自身の練習も怠りません。

40代で再び陸上競技に挑戦
仕事と陸上の両立が日常に

山田さんは、65歳までトラックドライバーとして勤務した会社からの依頼で、現在はドライバーからの報告や連絡を受ける業務に夜勤シフトで対応。そして、夜勤の仕事を続けながら、週3回、有明西小学校陸上クラブのコーチをするというハードな毎日を送っています。練習日の朝も、夜勤明けにはとても見えない身のこなしで練習に臨んでいました。

有田西かけっこクラブのメンバー
現在、3年生~6年生を指導している


山田さんの陸上との出会いは、東与賀中学時代、従兄の影響で陸上部に。高校まで陸上を続け、400m、800mで九州大会へ進むほどの実力だったそう。社会人になると、趣味程度でロードレースなどにエントリーしていましたが、40歳の時にマスターズ陸上に出会いました。
「マスターズ陸上は、生涯通じて楽しく競技ができるよう、100m、200m、1500m、走り幅跳びなどのトラック&フィールド競技が5歳刻みでクラス設定されています。これまでの競技成績に関係なく18歳以上なら誰でも参加できるので、自身の記録更新やクラスごとの入賞が目指せるんですよ」。山田さんは、マスターズでは800mの選手で、全国大会への切符も手にして、仕事と陸上の充実した日々を送ってきました。佐賀マスターズ陸上競技連盟理事長に就任してから佐賀市で開催された2013年の全国大会、2016年の九州大会では、見事に運営を乗り切り、佐賀の思い出として残るようにと、上位入賞者に進呈されるメダルや絵皿を有田焼で製作しました。

子ども達との練習は自分試し
「俺に負けないように走れ!」

有明西小学校で陸上の指導を行うようになったのは2009年から。父兄から「可能性のある子がいるので指導してほしい」と相談されたことがきっかけでした。山田さんの指導が実を結び、最初に指導した小学生は100mとリレーで全国大会へ駒を進めることができました。指導を始めて10年以上経った今も、当初と変わらず、「実践型」で指導を行っています。

一気に駆け上がる階段上り。
山田さん自身ももちろん実践


柔軟体操を念入りに、体を柔らかくしておく


「ただ言うだけじゃついてこないでしょうから、実践しながら教えています。そしたら、子ども達のきつさも分かるし、『言いたいことがあるなら俺に勝ってから言え!』と強気も言えます」。
指導内容は主に基礎の体と体力づくり。ウォーミングアップ、柔軟体操を入念に行い、体幹づくり、緩急をつけたランニング練習、スタートダッシュの練習が主な内容です。「小学生のうちに基礎を身に着けて故障をしない身体をつくっておけば、中学校の練習でもやっていけます」。
コーチに見守られながら、どんなスポーツにも対応できる基礎体力が作れる環境がここにはあります。

ピストルの合図を想定してスタートダッシュ。
山田さんも本気でダッシュ

走れなくなったら引退?!
「いやいや、円盤投げに挑戦します!」

夜勤業務をしながら、陸上クラブのコーチ、連盟の理事長、事務局も務める山田さんの体力が心配になるのは外野だけ。ご本人は「大病はしたことありません。いたって健康です」と涼しげに話します。「頼まれたら、受ける、受けるなら投げ出さずにちゃんとやらなきゃね。自分が目立ちたいとは思ったことがありません」と裏方精神で頼まれたことに全力投球する山田さんの原動力はどこに?「陸上の試合で審判をやった時に、昔指導した子ども達が「コーチ!!」って声をかけてくれたりすることでしょうかねー」。
陸上を通じた人との繋がりが山田さんを強く、元気にしているかもしれません。

グラウンドを3周ほど回り、最後はピッチを上げて疾走


山田さんの今後の目標は?「800m走で走れなくなったら、今度は円盤投げにエントリーしますよ。引退はしません。」一人でも多くの人が、マスターズ陸上を知って、競技参加することも、理事長を務める山田さんが目標としていることでもあり、願いでもあります。

山田 清美(やまだ きよみ)
Profile
佐賀マスターズ陸上競技連盟理事長、九州マスターズ陸上競技連盟理事長。
(公社)日本マスターズ陸上競技連盟理事。1951年東与賀町生まれ。
会社勤務をしながら、マスターズ陸上の競技に出場、連盟の運営、振興も担う。有明西かけっこクラブコーチも務める。


お問い合わせ
佐賀マスターズ陸上競技連盟
TEL090-3882-7993(山田)

関連記事

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された見島のカセドリ

  2. 筑後川 諸富のエツ

  3. 山の自然や川辺の生き物は佐賀の宝物

  4. 楽しみながら無理なく続けることが大切 自分たちの町は自分たちでつくる。

  5. 醸しのまち鹿島でまちづくりを仕込む。

  6. 途上国の子どもたちのために日本からサッカーシューズを。