多くの人の夢を乗せて、次の半世紀を歩み続けるカローラ

 時代は高度経済成長期の真っ只中、1950年代に人々の目標といわれた三種の神器は「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」でした。60年代には、新たに3cが謳われるようになり、「カラーテレビ、クーラー、カー」、英語の頭文字からきた3cの中に車が入っていました。
 1966年、「自動車をみんなのものに」という願いから、カローラが誕生しました。50周年を迎えて、国内累計販売台数1000万台という記録を達成できた背景には、時代を経ても変わらないカローラブランドに対する不動の信頼と、ユーザーに寄り添い時代に合わせた柔軟な進化がありました。
時代のニーズを察知しながら11回のモデルチェンジを重ねてきた今、カローラは、より安全に走行できることに着目し、ドライバー起因のミスを防止する装備が充実してきました。
 カローラフィールダーは、9代目カローラと同時にワゴンモデルとして2001年に誕生しました。発売した当初から幅広い年齢層のユーザーに支持され、2017年モデルは、”安全性”がさらに高くなっています。例えば、駐車時、出庫時に、アクセルとブレーキの踏み間違えを防止するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が装備されていたり、衝突の可能性がある時に、ブレーキ制御でドライバーをアシストする装備がついていたりと、最近、運転に自信がなくなってきたアクティブシニアをサポートしてくれます。トランクルームは、多様化するお客様ニーズにも十分対応できる納得の広さです。一度、ショールームへ足を運んでみませんか。

森林公園すぐそばにあるショールーム。車名が会社名になっているのは、カローラ店だけ。
本社に保管されている初代カローラ。現在、再び動くように腕利きのメカニックがレストアを実施中。公開が楽しみ。

佐賀市嘉瀬町大字荻野344-1 [営業時間]9:30~18:00 [店休日]火曜日
フリーコール0120-06-1788 ホームページ http://www.corolla-saga.co.jp